キャッシング・クレジットカードリンク集 TOP

審査に通りやすい申し込み方はこれだ!



■審査に通りやすい申し込み方はこれだ!

カードローンを含め融資を申し込む時に、担当者に非常に細かいところまで聞かれて、初めての人は「こんな事まで言わないと いけないの?」と思ったりした経験をお持ちの方も多いと思います。

個人情報保護法が出来てから、多少項目は減ったようですが(家族情報等)基本的にこのお客に対する「ヒアリング」と言うもの は重要視されています。

逆の立場になれば、大切なお金を貸すんだから、納得するまで良く話を聞かないと!と思いますよね。貸金業者も同じです。
だから審査の為にいろいろ聞いて、その反応を見ていたりします。

「この客は妙に質問に対する答え方が慣れているな・・・。」 とか、「この年齢のこの勤続年数で、この年収は不自然だな、 良く調べる必要があるな・・・。」など、面談時に限らず、電話での申し込み時にも審査は始まっているのです。

そのため、嘘をつくのは最悪の選択で、例えば他社の利用件数なども少なく言ったり、無いと答えたりして、蓋を明けてみたら 信用情報機関から続々と借金の事実が現れた、という事になれば審査結果は限りなく否決へ近づきます。

逆に、他社件数が多少多くても、正直に申告していて実績があれば、会社によっては可決になるケースもあるようです。

もちろん、多すぎてはダメですけどね。

あと、資金使途も重要なポイントです。

結構、いい加減に「レジャー資金」などと答えるケースが多いようですが、バレバレです。別に使途を嘘ついたからと言ってそれを 理由に否決になる事はないとは思いますが、正直、審査していて、「もっと可決しやすいように上手な言い訳してくれればいいのに」 と思うこともあります。

そうなんです。営業会社である以上目標数字と言うものがあるわけで、営業の人間なら数字を達成したい、出来るだけ可決して数字 を上げたいと考えているものです。

それでも曖昧な答えや辻褄が合わない話、又は隠し事をしている為に可決するだけの情報量がない場合、可決したいと思っても否決 せざるを得ないことがあるわけです。

  ヒアリングには、可決か否決かのグレーゾーンの客の場合は特に、少しでもプラスの情報を聞き出して、可決の方に持って行きたい と考えているケースも結構ありますので、しっかり答えればOKになる・・・かも?



キャッシング・クレジットカードリンク集 | キャッシング・クレジットカードリンク集2 |その他のリンク| 自己紹介| 業者側から見た審査とは| 審査に通りやすい申し込み方はこれだ| 業者側から見た「与信」の考え方とその方法| 主婦や学生などの審査| クレジットカードは年会費無料と有料、どちらが得なのか?| 「ブラックリスト」って本当にあるの?| クレジットカードのキャッシングとカードローン、どっちがお得?