キャッシング・クレジットカードリンク集 TOP

クレジットカードのキャッシングとカードローン、どっちがお得?



アナタは今お持ちのクレジットカードのキャッシングを使っていますか?

使っているという方、そのカードのキャッシングの利率をご存知ですか?

クレジットカードを発行している会社の人間が、こんな事を言っていいのか解りませんが、クレジットカードで利率も知らずにキャッシングを利用してくれているアナタ、

本当にありがとうございます!

  なぜありがとうかって?

それはあなたのような方のおかげで、私達信販会社は成り立っているからです。

  クレジットカードというのは、非常にシステムや請求書の発送などの諸経費が掛かるシロモノなのです。 特に最近は年会費無料のカードも多いので、そういった経費が消化できません。

また、ショッピングでの利用はほとんどが一回払いが多く、金利が掛からないケースの方が非常に多いのです。もちろん、そんな場合は加盟店である販売店が加盟店手数料

として金利を負担するのですが、最近の傾向として加盟店手数料がどんどん下がっているので、当然カード発行会社の利益は薄くなります。

そのため、最近では新規発行したのに発行枚数が少ないため黒字になれず、発行中止となるカードなんてのもあるんですよ。

では、クレジットカードはなんで利益を確保するのか?

  もうお分かりですね。手数料の高いキャッシングです。

キャッシングはオマケの機能なんかではありません。周到な戦略に基づいて使われる様に計算され、サービスされています。 だから、ほとんどのカードのキャッシング金利は実質年率28〜29%と高く設定されていることが多いのです。

ただ、最近は実質年率18%台のクレジットカードも出ているようですが。 一度、自分のカードのキャッシング利率を調べてみては?

キャッシング専用のカードローンは、クレジットカードほど経費はかかりません。

盗難されてもカード会社でロックするだけで使えなくなりますから、保険等も必要ありません。 経費が掛かるとしたら銀行などのATMと提携する手数料くらいですか。

だから、金利は比較的安く設定できます。 ただ、リスクも見込まないと収益が出ませんので実質年率24〜26%位が多いようです。 銀行系などは実質年率8.0%〜などと極端に安いのもあって、いろいろ選べるようになってきました。

  これは一般論ですが、幾分金利が高いほうがリスクを含んでますので、審査も通りやすい傾向があるようです。 それでも、クレジットカードのキャッシング利率より安いですけど。

昨今のグレーゾーン金利廃止の動きで今後は、もっと金利は変化していきます。

そんな中で、リアルタイムのカード・キャッシングの裏情報・オトク情報が知りたいならこのメルマガを読めば一目で分かりますよ。

キャッシング・クレジットカードリンク集 | キャッシング・クレジットカードリンク集2 |その他のリンク| 自己紹介| 業者側から見た審査とは| 審査に通りやすい申し込み方はこれだ| 業者側から見た「与信」の考え方とその方法| 主婦や学生などの審査| クレジットカードは年会費無料と有料、どちらが得なのか?| 「ブラックリスト」って本当にあるの?| クレジットカードのキャッシングとカードローン、どっちがお得?